海上自衛隊 イージス艦「ちょうかい」、護衛艦「おおなみ」

護衛艦2隻の同時公開、それも1隻はイージス艦ということで、展示会前の余裕の無さも忘れて見に行ってきました。やはり実物は圧倒的迫力であるとともに、模型作りの資料が満載。写真も山ほど撮ってきたのですが、全部を載せるわけにもいかず、その一部をご披露します。

2隻並んで係留中。手前がDD111おおなみ、奥がDDG176ちょうかいです。イージス艦ちょうかいはおおなみより二回りくらい大きい感じです。

おおなみ後部のヘリ格納庫です。SH−60K哨戒ヘリも展示されてましたが、残念ながらコクピットに座れるのは子供だけ・・・

排水量でおおなみより2600トン大きいちょうかいは全長も約10メートル長くなってます。

おおなみのヘリ甲板にある発着管制所です。

ちょうかいのSSM装置。ハープーンが入ってるんでしょうか。

ちょうかいの127o単装速射砲。甲板が傾斜してるので、前につんのめったような形で設置されています。

127o単装速射砲の砲弾と薬莢です。

3連装短魚雷発射装置。木製のグリップが妙に気に入ったりして。発射管のナンバーは1,3,5番。左舷側が偶数番号になってるんでしょうね。

ちょうかいの艦橋後部と後甲板のVLS。映画亡国のイージスのラストで、仙石曹長が手旗信号やってた場所ですね。

ちょうかいの艦橋部分です。フェイスズドアレイレーダーがとてもかっこいい。

フェイズドアレイレーダーの拡大です。

戦車の煙幕装置みたいですが、チャフの発射装置です。

おおなみブリッジ内にあった戦闘態勢表示板。軍艦ならではの装置です。

おおなみの舵輪です。左側の透明カバー部分は速度伝達装置と思うのですが、近くに寄れなかったので未確認です。

おおなみ艦首の20oバルカンファランクスとベルト給弾部分です。


inserted by FC2 system