日本海軍戦艦 三笠
ウェーブ 1/200


1/200三笠の製作記です
               現在の三笠

2017/05/28
水雷艇他ボート類を取り付けました。キットには防水カバーの付いたボートのパーツもあるのですが、どうもイマイチなのでマスキングテープと帆船模型用ロープで自作。ボート類に覆われて、甲板中央部がほぼ見えなくなるのはちょっと残念です。
2017/05/19
艦橋周りの部品取り付けが完了したので、マストとファンネルを取り付けました。だいぶ三笠らしくなってきたのですが、まだまだ先は長い。
2017/05/13
前部艦橋周りの艤装を行いました。特にエッチングの手すりは、マストやファンネルを取り付けた後では作業しにくくなるので、先に取り付けました。操舵室の窓や開口した舷窓には、裏側から0.1ミリの透明プラ板を貼っています。よく見ないとわからないのですが、時々光を反射してキラッと光るのを見て、自己満足してます。
2017/05/07
主砲とファンネルを作りました。これで甲板上の主な構造物は揃いました。救命ボートはキャンバスがかかった状態もパーツ化されているのですが、それは使わずにマスキングテープでキャンバスを作り替えました。
2017/04/25
マストを作り始めました。銅線でヤードにディティールを追加、見張り台の手すりは1/350用の汎用エッチングを使っています。この段階で、細かいリギングは済ませてしまおうと思ってます。
2017/03/12
本体の方は一向に進まない三笠ですが、三笠公園ベースはぼちぼちと。砲塔や煙突を取り付けていないので、進駐軍に解体された戦後の三笠の様です。
2017/02/19
艦橋部構造物とボートデッキを取り付けました。ボートデッキを付けると、主甲板中央部がほとんど隠れてしまうのが、ちょっと残念なところです。
2017/01/30
このキットを作り始めたときから構想してたのと、FB仲間にそそのかされたこともあって、横須賀の記念艦ベースを作り始めました。50o厚のスタイロフォームを喫水線の形に切り抜いて(これだけでも結構大変だった)、本体をはめ込んでるだけですから、取り外せば通常のフルハルモデルとしてもディスプレイ可能です。当初はただの平面で良いかと思ってたんですが、欲が出て右舷側の岸壁を作ってしまい、さらには岸壁の根っこの捨て石(実際はテトラポッドです)を積み始めてしまいました。
2017/01/24
前甲板に、色々部品を取り付けました。錨鎖はキット付属のものではあまりに細すぎて華奢な気がしたので、一回り太いものに換装。
2017/01/14
前後の露天甲板とブリッジの甲板を貼って、甲板貼りの作業が完了しました。ブリッジは、船の軸線方向に木目がモールドされており、実際横須賀の記念艦もそうなっているのですが、黄海海戦後の三笠の写真で軸線方向と直角に甲板が貼られているのを見ましたので、今回はそちらを採用しました。
2017/01/12
船体を塗装しました。船体が大きいだけにべた塗りでは間延びしそうなので、マホガニーサフを下地にフラットブラックで溶接跡をシャドー吹き、佐世保工廠グレーと艦底色を薄めに吹いています。艦底色はタミヤアクリルのハルレッドにフラットレッドを少し加えたものです。グンゼのウェザリングカラーでスミ入れをしています。艦船模型、汚すか汚さないかで意見が分かれるところですが、私はちょっと汚す派です。
2017/01/07
このキットでは、シェルターデッキとボートデッキに板張りのモールドが施されています。私はあまり細かい考証にはこだわらないのですが、ここだけはと言うことで、板張りのモールドをパテで埋めました。シェルターデッキはリノリウム張り、ボートデッキは鉄甲板にする予定です。
2017/01/03
そろそろ船体の塗装をしようかと思い、砲門の扉やスクリューシャフトを取り付けました。舷窓も開けましたが、あまり大きい穴を開けると間が抜けた感じになるので、モールドより少し小さめにしています。
2016/12/23
上甲板の甲板貼りが完了したので、船体と仮組してみました。ようやく船らしくなった感じです。
2016/12/20
甲板貼りもちょっと飽きてきたので、甲板中央部の艤装をしました。ホースリールやウィンチには細いロープを巻き付けました。
2016/12/08
前甲板の甲板貼りが完了して、後甲板に取りかかりました。後甲板も障害物が多い。
2016/11/22
甲板貼りも前甲板に入りました。前甲板は障害物も多いし、錨鎖の摺板の形状も複雑なので、なかなか難航してます。
2016/11/06
甲板中央部の甲板貼りが完了しました。マホガニー板を貼り終えた後、全体に軽くペーパーをかけます(個人的に甲板磨きと名付けていますが)。これにより表面が平滑になるとともに、マホガニーが少し明るい色になります。
2016/10/24
甲板中央部を塗装して、甲板貼りの苦行を始めました。マホガニー材は1o幅か2o幅かちょっと迷ったのですが、結局1o幅に。まあこの作業もずいぶん手慣れてきたのと、対象が大きいので、比較的早く進む気がします。
2016/10/15
甲板中央部を作ってます。これから甲板を貼る関係で、箱形の構造物は仮置き状態です。
2016/10/08
船体の溶接跡は、入れるかどうかでちょっと悩むところですが、1/200となるとちょっと間延びした感じもあるので、今回は入れることにしました。ということで、船体に溶接跡用のマスキングを。これだけで、半日かかりました。
2016/10/01
1/200三笠の製作を開始しました。船体左右を貼り合わせましたが、かなり大味なキットで、艦艇部分には豪快な隙間が出来ます。隙間の最も広い部分は1o幅のプラ棒を入れて、エポキシパテで修正。
inserted by FC2 system