日本海軍戦艦長門 昭和十六年開戦時
ハセガワ 1/350
純正のエッチングパーツを使用を使用すると共に、甲板は1ミリ幅のマホガニー材を貼り付けています。さらにフジミ製のフィギュアを使って、映画「トラトラトラ」冒頭の、山本五十六長官の着任シーンを再現してみました。甲板上に並べたフィギュアは全部で302体。張線は延ばしランナーとエレキギターのシールドに使われている細い銅線です。
第4回宇部空港空の日プラモデルコンテストで金賞を頂きました。

inserted by FC2 system